業務内容はハードな場合も

飲食店の業務内容はハードであり、一度に複数の作業に追われたり、店内を駆け足で移動しなければならないことも珍しくはありません。特にランチやディナーなどの時間帯には満席になることも多く、そうなりますとすべき作業が同時多発的に発生し、他のアルバイトと連携を取りながら作業を進め、互いにサポートし合うことが求められます。広い視野を持って常に次の作業について考えていなければならないのですが、基本的には体力が求められる現場といえるでしょう。

離職率が高い業界でもある

求人サイトなどを見ると、飲食店の求人情報が多く掲載されています。それは単純に飲食店の数が多いというのもそうなのですが、アルバイトの離職率が高いことで人手不足に悩まされているお店も珍しくないためです。飲食店は仕事がハードであるために体力が持たない人も珍しくありませんし、いかに要領良く効率的に動くかが求められる環境に馴染めない場合もあるからです。また、学生が多い場合ですと卒業シーズンには退職者が続出するという背景もあります。

同年代の仲間をつくれる

いかに離職率が高い現場であるとはいえ、飲食店のアルバイトにも良いところは多くあります。特に良くいわれるのが、同年代のアルバイトが集まりやすい環境であることから、友人や仲間をつくりやすいということです。業務の中で意思疎通が求められ、チームワークを磨いていく内に業務外のシーンでのつながりも太くなり、プライベートでも時間を共有する仲間になる場合もあるのです。そのため、いかに業務がハードでも仲間がいるから頑張れるというという人も珍しくありません。

飲食店の求人の特化をして取り扱うサイトを利用すると、職種やエリア別に豊富な求人が掲載されていて便利です。