保育士資格を取得するには・・・

子どもと関わる仕事といえば「保育士」や「幼稚園教諭」がメインになるかと思いますが、実はこれらの資格は似ているようで全くの別物だということはご存知でしょうか?保育士資格を取得するためには学校で資格を取得するスタイルの他に、毎年1回行われる保育士試験を受験し合格する方法もあります。独学で合格するのは大変な面もありますが、3年間で全ての学科に合格すれば問題ありません。1度で全部の学科の合格は難しくとも、毎年目標を決めて勉強する地道な努力することが合格への近道です。

男性保育士も増えつつあります

かつては「保母」と呼ばれていたように保育は女性の仕事とされてきましたが、最近では男性も積極的に育児に参加し「イクメン」という言葉が生まれました。保育士の仕事に男女の差はありませんが、まだまだ男性保育士は少ないのが現状です。女性のみだった職場に男性が参入することで視野は大きく広がる反面、保育園などの施設では男性用の更衣室やお手洗いが少ない等の理由で、男性保育士の求人を行っていないところも多く見られます。

幼保一体化での「こども園」とは・・・

現状では保育園と幼稚園は別物の扱いとされていますが、将来的には「こども園」として一本化されていく方向で世の中は動いています。保育士資格のみ、または幼稚園教諭免許のみを保持している資格者に対して、もう一方の資格を取得しやすくする対策が実施され、必要な単位を取得することで両方の資格を取得することができます。指定の施設で3年以上の勤務経験者が対象となりますが、取得しておいて損はありません。保育園の待機児童が増える今、保育士資格保持者は重宝される存在なのです。

保育士の求人を神奈川で探すことができます。希望の条件を聞いて専門のコーディネーターに依頼することもできます。